許認可を含む法律相談は、蕨駅15分の行政書士「コイケ行政サポート事務所」へ

会社設立

    
   □ 会社設立の大まかな流れは以下のとおりです。

     1.発起人(会社を設立しようとする者)を決定します。
            ↓
     2.会社の基本事項(商号・本店所在地・資本金・決算期・会社の目的)、
       役員についての事項を決定します。
       ※ 類似商号調査は必要なくなりました。
       ※ 取締役は一人でも差し支えありません。
       ※ 監査役の設置は任意になりました。
            ↓
     3.会社代表印を作る
       ※ 会社設立登記申請の際に必要になりますので、それまでにご用意
         ください。
            ↓
     4.定款を作成します。
            ↓
     5.定款の認証を受けます。
       ※ 印紙税4万円、認証手数料5万円かかります。
            ↓
     6.金融機関へ出資金を払い込みます。
       ※ 資本金についての制限はなくなりました。
       ※ 保管証明書の発行は必要なくなりました。出資金の払い込みを確
        認できる通帳の写しで差し支えありません。
             ↓
      7.設立登記
       ※ 登録免許税15万円かかります。
            ↓
     8.会社設立

 【出資金の払込】
   定款が認証されたら、代表取締役(取締役が一人の場合は取締役、以下同じ)
  の個人の口座にすべての出資者(発起人)が定款に定めた出資金を振り込みます。
  代表取締役も自分自身の口座にATMなどで現金を振り込むか他の口座から振込を
  しなければなりません。なお、代表取締役が発起人でない場合、代表取締役が定
  めた発起人(特に制限はありません)の個人の口座を振込口座にしてください。
  振込は定款が認証された後(当日でも差し支えありません)でなければなりませ
  ん。振込が完了したら、通帳の次のページをA4の用紙にコピーしておきます。

   表紙
   通帳番号・支店名・口座名義人が記載されているページ(通常1ページ目)
   各出資者が出資金額を振り込んだことが記載されているページ(記載部分が分
   かりやすいように赤鉛筆やマーカーなどで下線を引いておきます)
   残高の記入がある最終ページ

 【設立登記申請】
    書類は、以下の順に重ねてホッチキスで留めます。
    □ 株式会社設立登記申請書
    □ 登録免許税納付用台紙
    □ 定款の謄本
    □ 決議書(代表取締役を選定した場合のみ)
    □ 就任承諾書(株主でない取締役・監査役があるときのみ)
    □ 各取締役の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの、各1通)
    □ 払込証明書(前章の通帳のコピーを合わせてとじて契印してください)
    □ 資本金計上証明書

 

ページ名:会社設立
川口・蕨・戸田の行政書士 コイケ行政サポート事務所 トップページ

電話 048-261-2166

メール mksupport@nifty.com

★ご相談・お問合せ歓迎★

「ホームページを見た」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談電話・メール常時受付中!
曜日、時間を問いません。

携帯への転送設定にしておりますので、

外出時、深夜時間帯でのご連絡でも対応可能です。
携帯電話はこちら 
090-2255-9280


行政書士へのご相談歓迎 埼玉県川口市、蕨市、戸田市、さいたま市(見沼区、北区、西区、岩槻区、大宮区、浦和区、緑区)など埼玉県全域にお伺いします。

 

川口・蕨・戸田の行政書士 コイケ行政サポート事務所
次回ご訪問時は、ソーシャルブックマークへの追加が便利です
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマーク+