美容室の手荒れ対策・予防に、皮膚保護クリームプロテクトX1、グリーンティオイルを試しています

手荒れと水(お湯)の温度の関係

手荒れを気にしつつも、美容室での仕事を続けなければいけないのは大変ですよね。クリームやバリア(皮膚保護剤)は、ケアや予防としては直接的な解決になるものですが、ここでは肌荒れに関する、基本的な注意点をひとつご紹介したいと思います。

それは、水の温度です。

手指はもちろん、体中の皮膚にはセラミドなどの成分による、天然の「バリア」が形成されます。この天然保湿因子による保護膜が失われた状態だと、いわば皮膚がノーガードの状態になって、打たれ弱い状態になってしまいます。

そして、この天然保湿因子による保護膜は、水の温度によって、洗い流される量が決まると言われています。つまり、熱いお湯に手をつけると、短い時間で保護膜は多くが失われてしまいますし、逆に冷たい水に手をつけると、長い時間浸してもさほど多くは失われないというのです。

考えてみれば、美容師さんの仕事ではお湯を使ったシャンプーや手洗いなど、薬剤だけではない部分でも保護膜を失いやすい状況です。お客さんへの応対で、シャンプーの温度は自分で選べませんが、手洗いなどでは自分で温度を選べます。なるべく冷たい水で手洗いすることで、失われる保護膜を少なくすることはできます。

家でも、料理や洗い物などでお湯を使う方は多いと思います。しかし、このお湯と洗剤の組み合わせが、手荒れを招く最大の要因なのです。確かに、冬場に冷たい水はヒヤッとして不快かも知れませんが、手荒れのことを考えると、冷たい水のほうがやさしいのです。特に冬場は空気も乾燥していますので、熱いお湯は避けたほうが無難です。

このことは、手指だけでなく、お風呂や洗顔においても同じことが言えますので、安易に熱めのお湯を使っていた方は、少し気を付けてみて、変化を見てみてはいかがでしょうか。

無料手荒れのお悩み相談 ( 手荒れ改善メルマガ付き!)
お名前
メールアドレス
メールアドレス確認
電話番号 (任意です)
お問合せ内容


手荒れと水(お湯)の温度の関係関連ページ

ページ名:手荒れと水(お湯)の温度の関係
美容師手荒れ防止ハンドクリーム トップページへ

★ 手荒れお悩み相談 ★
tel2.png

教習所10倍活用ガイド
→女性の免許取得応援

ライター

M.Y.-美容師歴9年
手荒れ歴9年
大田区某美容室在籍
SANY0033.JPG

 

プロデュース

㈱ビートゥーシーワークス
〒150-0046
東京都渋谷区松涛1-28-6
野口ビル4F

連絡先: 03-5482-9033
info@biz-talent.net
http://servelle.main.jp/

 

 

 

美容師手荒れ防止ハンドクリーム
次回ご訪問時は、ソーシャルブックマークへの追加が便利です
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマーク+

美容室店舗全体での
取り組みにはこちら